小さな会社の広告は「売るため」のもの。格好つけてる場合じゃない

ペプシの桃太郎CMシリーズに続編が出ましたね。

CMなのに4分verとかもうコンテンツとしてはCMの枠超えてますね。

とても格好良いシリーズなので僕も好きですが、これって大手じゃないとできない広告手法ですよね。直接の購買には結びつき難い、成果や費用対効果が見えないタイプの広告です。

小さい会社でこういったイメージ型の広告って、確実に大失敗します。

確かに格好良いんで広告予算あればやりたくなる気持ちも分からなくはないですが、ブランディングはこんなイメージ広告出さなくても出来るし、そもそも費用対効果や成果が数値化できない時点でPDCA回せないし。。。

小さい会社がやるべき広告手法はレスポンス型

そもそも広告って、商品を知ってもらい、買ってもらう(問い合わせしてもらう)ことがゴールのはずですよね。知ってもらっても買い方(売ってる場所)が分からないなら広告の役目が果たせて無いんです。

商品(サービス)を売ってるお店の所在地を教えるか、電話で問い合わせを促す、webサイトへの導線を設ける(検索させる)など、お客に行動させなくてはいけません。

必ずレスポンス(広告を見た結果、行動させる)を求めてください。

あなたが普段出稿(配信)している広告は、お客に行動させていますか?

集客に困らない仕組みを作りたい人は、他にいませんか?

自社のサービス、商品だからこそ気づかない「本当の魅力」を引き出し「お客に届くメッセージ」を作ります。
今まで幾度となく集客に成功し、売上アップの実績を上げているノウハウを基にしていますので貴社でも十分効果を発揮します。
ステップメールやメルマガ、チラシ・DMなどなど、お客様へのアプローチを無駄にせずしっかり利益の残る仕組みにしませんか?
「うちは特殊な業界だから...」と諦める必要はありません。

カサネルが行っているのはどんな業種、業態、客層でも十分通用する「普遍」の集客プラン。
貴社でもできるアドバイスがたくさんあります。

もし、あなたが毎日「売上を上げるには...」と悩んでいるのなら、今すぐお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP