とっくりは注ぎ口から注いでは”いけない”?

先日、ネットで「とっくりは注ぎ口を上に向けて注ぐのが正しいマナー」というのが話題になっていました。

どうも今年の夏頃にTVで紹介されたマナーらしく、当時も話題になっていたとのことですが全然知りませんでした。
最近、なにかと「でっち上げ」や「ヤラセ疑惑」などが多いTV業界ですが、これに関しては割と昔から一部の地域で続いている風習のようです。
ただ、殆どの人が知らないマナーは果たして「マナー」と呼べるのでしょうか?

守るべきものと淘汰されるべきもの

温故知新という言葉がありますよね。古くからある事物から学び、新たな発想や発見をすることは実際に多いです。

ただ、古ければなんでも良いかと言われればそこは疑問です。

老舗や名物は人々に必要とされたから現在まで続いています。
人々が必要ないと判断すればあっという間に淘汰され、時代の波に消えていくでしょう。
老舗が必要とされてきたのには「いつの時代も変わらずあり続けた」というよりも「時代にフィットさせた商品展開をしてきた」ことに大きな要因があります。
事実、羊羹で有名な「とらや」は定番の羊羹から洋菓子のような焼菓子やカフェを展開したりなど、今の時代に合わせて変化しています。

古いものにこだわり続けているだけでは取り残され消えていくだけでしょう。
あなたのビジネスは変化していますか?変化を恐れていませんか?

集客に困らない仕組みを作りたい人は、他にいませんか?

自社のサービス、商品だからこそ気づかない「本当の魅力」を引き出し「お客に届くメッセージ」を作ります。
今まで幾度となく集客に成功し、売上アップの実績を上げているノウハウを基にしていますので貴社でも十分効果を発揮します。
ステップメールやメルマガ、チラシ・DMなどなど、お客様へのアプローチを無駄にせずしっかり利益の残る仕組みにしませんか?
「うちは特殊な業界だから...」と諦める必要はありません。

カサネルが行っているのはどんな業種、業態、客層でも十分通用する「普遍」の集客プラン。
貴社でもできるアドバイスがたくさんあります。

もし、あなたが毎日「売上を上げるには...」と悩んでいるのなら、今すぐお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP