すぐに行動する人は本当に成功するのか?

From:小川大輔

大宮のスタバより

先日、久々にあった友人3人と食事していたときのこと。

仕事の話になり、近況などを話していると突然その内の一人が「今の会社を辞めて来年にフリーランスのプログラマとして独立するんだ」と宣言しました。
しかし、そもそもその友人は大手企業の営業職。
プログラミングなんて経験したこともないはずなのに、なぜ急にプログラマになろうとしたのか。話を聞くと、

「土日にプログラミングスクール通ってネット動画で勉強した。自分でアプリが作れる様になったからやるなら今だと思って。」

と言って実際に作ったアプリを見せてもらいました。まぁクオリティは粗めですがちゃんとゲームとして成り立っているので
皆びっくり。それまで「勢いで何いってんの〜」と言っていた私たちも「頑張れー!」と応援モードに。
見切り発車感は否めないですが、行動力がある人は成功しやすいですし私を含め独立した人間が多いので、そういう人を見ると応援したくなるものです。

すぐに行動する人は成功する?!

本やネット上でもよく見聞きする「すぐに行動する人は成功する」。

個人的にはそのとおりだと思います。
上記の友人のように「これがいい!」と思ったら即行動し、拙いながらも技術を身に着け前に進もうとする。
身につけた技術を見える形にすることで足りないもの、必要なもの、できること、強み弱みなどが見えてきます。
また、外側からも見えるのでそれに興味があれば反応が返ってきて成長スピード上がり、ビジネスとしても成り立つきっかけにもなります。

私自身が同じように数十年前にプログラミングを独学で習得し、ウェブサイトを作って営業活動をしたことで今のように独立してビジネスとして成り立ちました。
成功とは大きな声で言えませんが、家族を養えているので良しとしています。

まずやってみるを癖づける

新米デザイナーやプログラマーから相談を受けることが多いですが、大体は頭でっかちの状態。考えすぎて進まず悩んでいることが8割を占めてるんじゃないでしょうか。
そういう子達には「まずやってごらん。その結果を持ってきたらアドバイスするよ。」と伝えます。
すると、1時間後には「さっきの件、解決できました。お手数おかけしました!」と言われます。

これは簡単な例ですが、どんな悩みも大体これと同じようなものだと思います。
転職にしても独立にしても、伝わるデザインなのか使いやすいUIなのか、やってみなきゃわからないことは多いです。

まずやってみて、それでダメなら「ダメだったということが早くわかったので良し。」
上手くいくなら「上手くいくことが早くわかった。更に良くするためにA案・B案でテストする余裕ができたので良し」
とどっちの結果でも良いことに繋げられます。

考えていることのタスクを細分化し小さいところから進めてみて、結果を見てから修正すれば成功へのスピードはとてつもなく早くなります。
失敗したとしても最小限の痛手で済みます。
”準備中”にしていることを、まず小さいところからやってみませんか?

小川大輔

集客に困らない仕組みを作りたい人は、他にいませんか?

自社のサービス、商品だからこそ気づかない「本当の魅力」を引き出し「お客に届くメッセージ」を作ります。
今まで幾度となく集客に成功し、売上アップの実績を上げているノウハウを基にしていますので貴社でも十分効果を発揮します。
ステップメールやメルマガ、チラシ・DMなどなど、お客様へのアプローチを無駄にせずしっかり利益の残る仕組みにしませんか?
「うちは特殊な業界だから...」と諦める必要はありません。

カサネルが行っているのはどんな業種、業態、客層でも十分通用する「普遍」の集客プラン。
貴社でもできるアドバイスがたくさんあります。

もし、あなたが毎日「売上を上げるには...」と悩んでいるのなら、今すぐお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP